スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第5回研究会報告です。

 内田です。
 昨日、第5回研究会が上野桜木会館で開催されました。
 純日本家屋の趣ある会館でじっくり勉強にいそしむ…というつもりでしたが、この日の天気はあいにくの大雨。
 これに影響されたのか、人数もわずか7人にとどまりました。

 今回から「離婚」に入りまして、かなり内容としては重い分野に踏み込みます。
 総論では離婚の歴史、そして要件と進みました。
 2組に分かれての読み進みは従来通りです。

 日本の離婚法はヨーロッパに比べて極めて自由な作りになっていることをここで改めて知ることになりました。
 しかし、離婚率はさほどヨーロッパと変わりないことを見ると、やはりここでも日本人の持つ「義理」や「人情」を垣間見ることができます。

 今回はページが少なめだったこともあり、話に重点を置くことができました。
 離婚率の問題よりもその後の社会保障の充実が問題だ、保育士や介護士への報酬が少ないから今の少子化は止まらないんだ…など、論点は多少異なるものの、現状に対する意見も出ました。


 また、特別課題として現在政府が批准を検討している「ハーグ条約」についてのレポートも林田先生に行っていただきました。
 国際離婚における子供の連れ去り問題が大きく取り上げられている中、日本でも子供を連れ帰ってきた母親が外国に「誘拐犯」扱いされるなどのニュースも出てきました。

 国際離婚における子供の人権を守るために作られたというハーグ条約。
 まだまだ課題はあるかもしれませんが、これを考えつつも離婚問題などに取り組んでいくことも私たちの責務なのかなと思います。


 回数を重ねるにつれて、読み合わせだけではなく「問題」についての話を多くするようになり、徐々に面白くなってきました。
 これからでも盛り上げれると思います。


 さて、次回の研究会ですが、5月29日(火)の18時から、東上野区民館302会議室で行います。
 初めての東上野となりますので、間違えないように気を付けてください。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。