スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第17回~第19回研究会報告です

 こんにちは、台東支部の内田です。
 3回ほど空いてしまって申し訳ありません。
 まとめてになってしまいますが、3回分をダイジェストでご報告いたします。


 まずは第17回。
 前回より参加していてくださっている三澤先生、渡邊先生の話を中心に「相続資格の喪失」の部分を重点的に読み込みました。
 相続人たる立場を法的に失わせる「相続欠格」、被相続人の意思で相続人たる地位を奪う「廃除」、そして相続人の意思でその立場を放棄する「相続放棄」。
 前者2つは相続開始前あるいは相続開始とともに失われ、一方後者は相続開始後に放棄します。

 もちろん放棄するケースよりも承認するケースの方が多いわけで、単純承認と法定単純承認、熟慮期間の話も出ました。
 熟慮期間は3ヶ月。
 短いですが、これはやはり相続関係を安定させることを目的としていますのでやむを得ないでしょう。
 なお、これは「自分のために相続が開始したことを知った日」となっていますので、知らない状況にあった場合は進行しません。(また、3ヶ月という期間は多少緩やかに適用されています)


 続いて第18回。
 やや少なめのメンバーでしたが、税理士の高橋先生が参加くださいまして、相続財産に関する話を少し詳しく聞くことができました。
 この回の中心は前述のとおり「相続財産」。
 相続は財産法上の法律関係を全てまとめて承継することが原則となっており、これを「包括承継」といいます。
 ですが、「被相続人の一身専属のもの」は対象外となります。
 具体的には資格や勲章などが挙げられます。

 その他占有権の承継、生活保護受給権(未払分)の承継、そして無権代理人の本人相続といういくつかの論点を読み込みました。
 最後の無権代理人の本人相続は「代理」のセクションでも取り上げられるところでもあります。


 そして先日の第19回。
 メンバーは8人とまずまずの集まりでした。
 この回は主に「相続分」のセクションを読み込みました。
 共同相続の場合、「誰にどのくらい財産を承継させるか?」の「どのくらい」を相続分といいます。
 近年は遺言を利用するケースも増えてきてはいますが、それでも相続において遺言があるケースは「圧倒的に少ない」です。
 ということで民法は遺言がない場合の相続分を定めています。
 これを法定相続分といいます。

 今回から部屋にあったホワイトボードを借りまして、それぞれのケースに分けて図を書き込みました。
 テキストに全て関係図が載っているわけではありませんからね。
 この方が実際に分かりやすかったので、今後は上野で行うときは使うことになるでしょう。

 大きな論点はやはり「非嫡出子」の相続分です。
 「違憲」かどうかは判断が分かれていますが、現在のところは反対意見付与ながらも「合憲」となっており、今後の動向も注目されています。
 その他、特別受益や寄与分にかかる計算など、この回はいつもより「数字」の多い回だったと思います。


 次回ですが、スペシャルセミナーとなりますので次の記事にて告知いたします。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。