スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第15回研究会報告です

 内田です。
 先週火曜日に開催された第15回研究会についてご報告します。
 初の執行部員のみの研究会となりましたが、それでも予定の関係もありますので開催しました。

 この回は「扶養」「戸籍」についてでした。
 扶養については「私的扶養」「公的扶養」に分かれていて、後者については現在問題になっている「生活保護」のことになりますが、ここでは主に前者についての話になりました。
 民法において「扶養」についての規定は少ないので、どうしても解釈論での争いが起きやすいです。
 また、家庭裁判所での裁量が大きいこともひとつでは問題になっています。
 これは家庭内の複雑な問題が絡んでくるので、ある程度フレキシブルな対応が必要なのです。

 扶養には戦前に提唱された「生活保持義務(最後に残された一片の肉まで分け与える義務)」と「生活扶助義務(己の腹を満たして後に余れるものを分かつべき義務)」に分ける論があり、親の未成熟子への扶養は前者と言われています。
 一方で、子の親に対する扶養は後者とされています。
 もともとの「家」制度の名残という考えもありますが、その辺りはやはり「親→子」への流れに関しては妥当なのではないかと思います。

 親族扶養では争いレベルまで発展すると「押し付け合い」のようになるケースが多くなります。
 そこをどう解決するかが問題になりますね。


 「戸籍」のセクションでは、現在も議論されている「選択夫婦別姓」の件も出ていますが、近年になって「ビジネスネーム(パブリックネーム)」の浸透により、あまり重視されなくなったのではないでしょうか。
 その他、子の姓について親の婚姻や不倫などが絡んだ際にどうなるのかが話されました。


 なお、この回は比較的論点が少ないセクションだったこともあり、執行部同士での情報交換の時間がかなりありました。
 こういった機会も貴重ではありますが、情報の交換は多い方がいいと思いますので、多くの方に参加していただきたいと思っています。


 さて、次回の第16回研究会は東京都行政書士会任意団体名義の学習会として「行政書士とうきょう」にも予定が掲載されている「スペシャル」です。
 多くの参加をお待ちしています。


日時:9月25日(火曜日)18~21時
会場:上野区民館302集会室(和室)

 この第16回から後半戦である「相続」が開始になります!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。