スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第13回研究会報告です

 内田です。
 昨日、3週間ぶりとなる第13回研究会が開催されました。
 樋口先生のところでインターンとしてお手伝いをしている渡邊さんを加えて、総勢8名の研究会となりました。
 お盆明けということで少々集まりが心配でしたが、それでもこれだけ集まって安心しています。
 欠席した方の中には何人か体調を崩した方もいるようで、皆様も暑い日が続くようなので注意していただければと思います。


 さて、今回から「養子」のセクションに入りました。
 ヨーロッパと日本の養子の意義の違いから、その制度の変遷までを軽く追ったあとに本編へ。
 養子には「普通養子」と「特別養子」があり、まずは「普通養子」の話から入りました。
 養子は法的な親子関係を発生させるという一種の契約的な側面があります。
 それゆえに、赤の他人が家族になる「婚姻」と似たものとして語られます。
 実際、養子縁組は婚姻とほぼ同じような要件を要求しています。

 婚姻と同じく、「縁組意思」の有無が問題となりますが、これも似たように考えられていることが多く、基本的には「養子の法的効果を全面的に享受する」意思を表示した時点で、これを翻意する特別の事情がない限りは意思ありとされます。

 養子は嫡出子としての身分を得るので、相続に関してはその法定相続分をしっかりと受けられます。
 ですが、養子と実子の争いになる場合も少なくありません。
 昔の日本の背景から「虚偽の出生届」というものも起こり得まして、後から生まれた実子が相続争いで「無効」を言いだすこともあるようです。
 判例では養子は養子で届出をしなければならないとして、「無効行為の転換」を認めていません。

 少子高齢社会の中、養子が注目される可能性もあります。
 次回は養子制度の肝のひとつである「特別養子」の章から始まります。
 8月28日(火)18時より上野区民館302集会室にて開催予定です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。