FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第12回研究会報告です

 内田です。
 少し遅くなりましたが、先週火曜日に開催された第12回研究会の報告をいたします。
 今回も参加者5人と少なく、月末ゆえか忙しいのかなと感じました。

 さて、第12回のテーマは「利益相反行為」及び「親権の終了」でした。
 子とその法定代理人である親との間で起こりうる利益相反行為ですが、そのポイントとしては「親が子の代理権を使用したことによって、子が不利益を受け、親が利益を受ける」という基本概念をどこまで適用するかというもの。
 あくまで「代理」ですから、総則にある代理とそれほど変わりはなく、表見代理のケースも適用されることがあります。
 その基準は「実質的なもの」に置くか、「外形的なもの」に置くかは説が分かれています。
 通説は外形説によっており、判例もそれに近いものになっています。

 親権の終了に関しては今年の4月の民法改正で新しく追加された「親権の停止」についての話が取り交わされました。
 従来の親権喪失に比べて、適用要件が緩く、また本人も代理人を通じて申立ができるなど、より子の利益を重視した措置をとることが可能になりました。
 ここにきて再び増えつつある児童虐待。
 すでにわずか3カ月で30件もの親権停止の申立がなされていることを鑑みると、現在の「家庭の闇」がどれだけ深いか分かるというものです。

 また、樋口先生のコメントで「18歳以上20歳未満の親権」についても議論がなされました。
 児童相談所の所長などが親権者になれるのは18歳までで、それ以上は手が出せないという法の抜け穴が存在するためです。
 もちろん本人等の申立で法定代理人を立てられますが、それを知る該当者がどれだけいるか…という話も出ました。

 人数そのものは少なかったですが、濃い話はできたと思います。


 次回の研究会は2週間休みまして、8月21日(火)の18時より上野区民館302集会室で行います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。