FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第9回研究会報告です

 内田です。
 先週の火曜日の第9回研究会についてのご報告です。
 今回も多忙な先生方が多く、6名での研究会となりました。
 そろそろ落ち着いてくると思いますので、次回以降の人数回復には期待したいところですが…。


 今回は「嫡出子」でした。
 「婚姻関係にある男女から生まれた子」という定義付けがされていますが、実際には772条から推定されるものであって、民法上は明確にされていません。
 そのことからテキスト上では「推定される嫡出子」「推定されない嫡出子」「推定の及ばない子」「二重推定の及ぶ子」という分類がなされ、読み合わせ後、それぞれの論点について談義を交わしました。
 また、平成19年の改正点について村上先生より意見がありました。

 それぞれ親子の関係を確定するための訴えが異なっており、特に「嫡出否認の訴え」と「親子関係不存在の訴え」の違いについて活発な議論が交わされました。
 その後は準正についての行を読み込んで、少々早い解散となりました。

 子の問題は先に控えている相続にも大きく影響します。
 次回の「非嫡出子」の項も含めてしっかりと押さえていきましょう。


 次回は明日(7月10日)に、東上野区民館402集会室(今回と同じところです)で18時より行います。
 皆様、奮ってご参加ください。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。