スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第8回研究会報告です。

 内田です。
 26日の第8回研究会ですが、6月末ということで忙しいのもあり、参加者はわずか4名と少々寂しい研究会となりました。
 次回は人数が改善されることを信じていますが…。

 今回のテーマは「内縁」の後半です。
 主に「重婚的内縁」の問題点をポイントとして話を進めました。
 近年はこのケースでも内縁の配偶者の権利をある程度認める傾向になっているようですが、それはあくまで法律婚の破綻という事実から来る「事実上の離婚」というものから来ていて、その基準は非常にあいまいです。
 もちろん、法律婚が形式上生きていれば相続などは内縁の配偶者は入りこめませんし、それ以外でもやはり法律婚での配偶者の方が優遇されているという実態があります。
 この辺りの線引きは難しいようで、離婚案件などを受ける場合にはこの辺りもしっかりと事実関係含めて確認すべきものかもしれません。

 後半は「親子」の序章をさわりましたが、実際には意義などの話が続いたのみでした。
 最も話が盛り上がったのは、やはり「北欧では非嫡出子の割合が5割を超えている」という事実でしょうか。
 社会福祉によるものなのか、それとも別の何かがあるのか…という話題に時間を使いました。


 さて、次回第9回の研究会は以下の通り開催します。

日時:7月3日(火)18時~21時
場所:東上野区民館402集会室

 テーマは「嫡出子」と「非嫡出子」の一部になると思われます。
 親族だけに限らず、その後の相続などでも大きな影響を与えるセクションです。
 皆様、積極的にご参加ください!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。